模型を持つ人

本気で不動産売却を決意したなら【プロフェッショナルにお任せ】

女性

土地活用はプロに相談

不動産は、土地によって付加価値がついていきます。良い土地か悪い土地判断して、価値を決めるのです。その価値を維持するために、次世代にも引き継ぎを行っていきます。引き継がれた人は、資産を増やすということを判断をすることが必要になります。

室内

再建築をする

リノベーションという言葉を聞いたことがあるという人は多いと言えます。このリノベーションを活用することで再建設不可の建物でも新しくすることができるため多くの人が利用しています。

男の人

物件を購入する前に

大規模改修であるリノベーションが広まった事によって、新築を買うのではなく「改修を前提とした中古物件」を買う人が増えてきています。その際にでてくる諸々のデメリットをカバーする為、必要手続きを一括で請け負う会社が現れてきたといえるでしょう。

ローンの返済の為に

お金と模型

任意売却を頼める所とは

不動産を購入する時はローンを利用しますが、このローンが支払えない時は法的な整理を受けます。ただすぐに法的な整理を受けるのではなく、ある程度の期間は待ってくれるので対策はあります。そのような期間に利用できる対策として、任意売却という方法が存在します。この任意売却とは不動産の抵当を外して市場で売却する方法で、最近利用者が増えています。任意売却のメリットは市場で物件を売れることで、うまく利用すればローンの負担を軽減できます。ただこの任意売却をするためには債権者との交渉が必要で、そのためには専門知識がいります。この頃はそういう専門知識を貸してくれる業者があり、どのような形にすればうまくいくのかアドバイスしてくれる所も多いです。

このような売り方の負担はどのくらいか

不動産のローンが支払えない時は、法的な整理を受けて不動産は処分されます。その時は競売にかけられるので、もしその不動産が自宅の場合は追い出されます。しかも強制的に追い出されるので、引っ越しなどが難しくなりいろいろな問題を生みます。そのような形で不動産の処分をすることは、債権者にとってもリスクがあります。そこでもっと穏便な形で処分できる方法として任意売却があり、この頃利用者が増えています。この任意売却とは不動産の抵当を外し、その状態で市場で売る方法です。このような売り方をすれば法的な処分ではないので、強制的に追い出されることはありません。そのため最近は利用が増えているのですが、この処理をする時はある程度の負担が存在します。それは金融機関との交渉を頼む業者への負担で、その金額はそれほど大きくはありません。また交渉を頼む業者の負担は、不動産売却時の金額に含まれていることが多いです。競売よりも任意売却の方が良いのですが、それよりも不動産売却を行う方が良いと考えられます。少しでもローンの支払いが難しいとわかった時点で不動産売却を行うことで、少しでも高い値段で売却できるでしょう。